×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドラゴンボールaf

ドラゴンボールafとはアフターフューチャーといい、海外でドラゴンボールの続編を望むファンたちが作り出した二次創作物ですが
(マンガや画像)そのあまりの力の入れようから本物と勘違いされて広まったといいます。
海外では、日本で制作された続編だと信じているファンも多いそうですが、鳥山明氏の描いたドラゴンボールとは一切関係はありません。
しかし、超サイヤ人5や超サイヤ人3ラディッツ、ブルー大猿など面白そうな画像がドラゴンボールafには沢山存在します。
そしてついに漫画家された?物もあり、実際にその漫画を読んでみたところ、その画像のクオリティには本当に驚かされました。
あれでは本物と勘違いされても仕方ありません。しかも面白いんですよ。はっきりいって反則ですね。
ですので、一度はドラゴンボールafの画像、漫画をチェックしてみると面白さがわかると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ドラゴンボールとは

ドラゴンボールは知らない人がいないと思われるほど超有名な作品で、元は週刊少年ジャンプに連載されたDRAGON BALLという作品の
漫画です。作者は鳥山明氏、Dr.スランプなども有名な作品です。
ストーリーは一言で言えば、マンガの初期の方は冒険要素が強い物語で、後半に進むにつれ強さを追い求める格闘要素の強い物語に
なっています。
ドラゴンボールの世界観は青年期以降になると、宇宙存亡のスケールで描かれていたり、場合によっては、あの世を描いたり、
ナメック星と呼ばれる惑星を描いたり、その世界観は冒険漫画の枠にとらわれないことが、多くの読者を魅了したのだと思います。
ドラゴンボールは、ドラゴンボールZ、ドラゴンボールGTに作品が続き、その人気からアニメ化、映画化、ゲーム化にもされ、
ゲームのソフトは40以上も販売されています。
連載終了から10年以上たった今でもゲームのソフトが販売され、大ヒットするのですから本当に凄い作品だと思います。

鳥山明先生の凄さ

連載開始前からドラゴンボールはアニメ化が内定していて、連載開始でいきなり5週連続カラーという普通の作品ではありえない
スタートを切っています。
しかし、ギャグ路線では人気が弱く担当者にも、だめだしされ、鳥山氏はその後主人公の孫悟空を、強さを追い求める主人公に確立
しました。そうする事によって、作品にテーマが生まれ、物語も一新し人気も急激に上昇しました。
しかし作品も長くなるにつれ、鳥山氏自身ドラゴンボールを終了させたかったが、編集部がそう簡単に認めるわけもなく、その後
ドラゴンボールZに続き、フリーザ編に突入した頃には、ドラゴンボールの人気が大爆発し、国際的なものにまで発展しました。
その頃の人気は、それ単体で一大産業と呼ばれるまでになり、もはや編集部や鳥山氏の意向だけで連載をコントロールすることが
不可能なほどの巨大作品に成長していました。
ドラゴンボールで株価が影響するのですから、鳥山氏の願いむなしく、連載が続き、作品の終了時には関連企業の業績への影響が
最小限で済むように様々な配慮を行い、完結終了しました。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 ドラゴンボールaf画像知りたくないですか